保育園と幼稚園の違い

ヘッダー画像
トップページへ

menu

保育園と幼稚園、何がどう違う?

住んでいる地域によっては、保育園と幼稚園、これからどちらに入れようかと迷っているパパやママも少なくないのでは?
そもそも、どういった違いがあるのでしょう?

保育園と幼稚園、所管と目的が違う!

どちらも同じく、小さなお子さんを預かる施設なようにも思えますが、実は目的が変わってきます。
保育園は厚生労働省、幼稚園は文部科学省と、まず所管が違います。
そして保育園は、仕事や病気などで保育できない保護者に代わり、子供を預かる場所。
幼稚園は満3歳児以上の子供が、就学前に教育を受ける場所なんです。
最近では、どちらの特徴もあわせ持った認定こども園も増えてきていて、少しずつ違いがなくなってきているようですね。

幼稚園

保育園と幼稚園、費用が違う!

保育園の場合は、認可がある園と無認可の園があり、どこに預けるかによっても金額は変わります。
認可園は、子供の年齢と課税状況によって、住んでいる自治体が定めた金額となりますが、無認可の場合は園長が定めた金額となります。
幼稚園も公立か私立か、選ぶところで費用は変わります。
公立であれば、自治体が決めた金額、私立であれば園長が定めた金額となります。

保育園と幼稚園、保育時間が違う!

保育園が預かってくれるのは、基本的には朝7時半から夕方の5時、6時くらいまで。
一日8時間以上が原則となっていて、保育日数の基準はなく、日曜祝日以外は基本的に預けられます。
幼稚園は8時すぎから昼の2時ころまで、一日4時間以上が標準とされています。
どちらも延長保育などがあることが多いのですが、幼稚園は保育日数が決められているため、夏休みや冬休みなどの長期休暇もあります。

時間が違う

どっちを選べばいいの?

夏休みなどの長期休暇があったら仕事できない…という人や、産休・育休が1歳までしか取れない、といった場合は、保育園がいいでしょう。
どちらか迷う、という人もいるかもしれませんね。
そんな時は、実際に園を見比べてみるのが一番です。
保育園でも教育に力を入れていたり、幼稚園でも延長がしやすいところがあったりと、特徴があるのがわかりますよ。
また、実際にかかる費用を具体的に調べたり、給食が出るのか、お弁当を毎日持たせなくてはならないのか、親子参加行事の多さなども、パパやママにとっては大きなポイント。
とはいえ保育園の場合は、パパママが仕事に就いていないと入園できないことも多いので、仕事復帰を考えている人はこちらも合わせて考えてみましょう。

▲ページTOPへ戻る